経過報告

医学生 ゲーマー 双極性障害

自殺について

今日久々に、医学生としてフォースを使おうとしてみた

 

そのフォースの内容は「会ったこともない人に自殺を思いとどまらせること」

 

はっきり言ってそんなことはできるわけがないのは分かっていた

 

色々メッセージを伝えてみたが、全くうまくいかなかった

 

しかし彼女が生きたとしても死んだとしても僕のできる精一杯をしたので不思議と悔いはない

 

 

僕個人が考える自殺を止める条件は目の前に心配してくれている人が居ることだ

 

そして自殺が実際に起きた後の状況を再現してみて

 

そのうえで近しい人への被害が大きすぎるということを認識する必要がある

 

なので、虐待を受けている子供の自殺を思いとどまらせるのは非常に困難だ

 

自分が死んだときに本気で悲しむ人が居ないということは

 

自殺を実行するうえで大きな原動力になるし、

 

虐待などの不当な行為に対する社会へのアピールになるからだ。

 

そういう風に考えると自殺の中にも社会的正義を達成する、向社会的自殺が存在しうる

 

そういった向社会的な自殺は精神科医に止められるような代物ではないと思うのだ

 

精神科疾患には当然ながら法的介入が必要になる場合があるだろう

 

本人が死ぬほどつらいと感じている状況が改善されれば治療のハードルも下がるはずだ

 

その時に、精神科医療が患者の人権をしっかり尊重できていないと

 

患者の命を救うというミッションを達成するうえで大きな足かせになることは想像に難くない

 

というわけで僕は法や社会に詳しい必要があるらしい。。。

自傷行為の感覚的な理解

僕は自傷行為をしたことが一度もないと思うのだが

 

精神科疾患の患者は自傷行為をする人もいるらしいので

 

どういう心理で自傷行為を行うのか考えてみた

 

①精神的な苦しみを、身体的な苦しみにリンクさせてバランスをとる

精神的な苦しみは終わりがないように感じるので、

リストカットなどをすることによって身体的な苦しみを出現させる

身体的な苦しみには終わりがあるため

それと同時に精神的な苦しみを終わらせようというような考え

 

②自己評価と社会的な評価を近づける

精神科疾患の患者は自己評価が低すぎる場合がある。

自己評価が低すぎると他人とのコミュニケーションが難しくなる

例えば褒められることが苦痛になったりするので

他人の評価を意図的に下げることによって

自分にとって気持ちよくない言動をやめてもらおうということになるんじゃないか

つまり自傷行為を禁じれば禁じるほど

本人にとっては魅力的な行動になっていく可能性が考えられる。

 

隙あらば自分語り③

 

sofp.hatenadiary.jp

 

sofp.hatenadiary.jp

 前回までの自分語り 

医学生として不幸にもうつ状態に陥ってしまった私は精神科医とのカウンセリングで

お前の気のせいだ、お前の甘えだという風に言われ、さらに病状は悪化した

そして医学になんの希望も見いだせなくなりますますゲームに熱中した。

 

シャドウバースで一億円!というニュースに歓喜したのを、今でも覚えている。

もう僕の人生にはシャドウバースしか残されていない。

精神科医とのカウンセリングで深いうつ状態になった後に

僕が導き出した結論は、一度は投げ捨てたシャドウバースをもう一度やり直すことだ

忘れもしないOOT、僕は今までで一番シャドウバースに対して真剣に取り組んだ

RAGEの大会では僕の練習量が足りないのとデッキが悪いのもあり

DAY2でそこそこ勝てたもののお金はもらえなかった、徒労に終わったと感じたが

僕の目標は一億円なのでまだ何も終わっていない。

JCGオンライン予選から世界大会に進出することができればいいだけだ。

めばるフレイムという窓で毎日喧嘩してどうしてそういうプレイになるんだって

議論を積み重ねて、デッキが悪いだのお前の頭が悪いだの言っていた

 

世界大会予選当日。

4人出て2人プレーオフに行った。僕はプレーオフまであと一勝足りなかった。

けいとは惜しいところまで行ったがやっぱり勝つことはできなかった。

悔しくはなかった。僕はやるべきことをやった。

僕は勝ちまくったしプレイも納得していたし気分は悪くなかった。

僕たちのデッキもプレイも、WGP予選を突破する寸前まで行けるほどに

洗練されており高い確率でプレーオフまで行けており

これは十分一億もらったも同然だなという風に思ったからなんじゃないかと思う。

 

しかし一億は貰えていない。大学にも行けていない。

色々考えて、シャドウバースはそれからほとんどやらなくなった。

シャドウバースに対する興味をほとんど失ってしまったんだと思う。

 

そのあと、ハースストーンに熱中して瞬間世界三位になったりする。

ただし僕のメンタルは普通の人より乱れやすいので、

カードゲームの世界で勝つのは難しいことだった。

僕はメンタルが弱い。どうしてこんなに弱いのか?

どんなに練習をしても勝てないのはなぜだろうか?

この世界のどこにも僕の居場所は残されてないんじゃないか?

 

ランク戦の最終日、僕はほとんどいけそうだった。

潜らなきゃいいだけだったんだと思うけど、潜って負けてを繰り返した。

25位から1007位まで落ちた。

スマホを初めて割った。病的だったと思う。

 

きつくなってきたんでこの辺で④にします。

 

 

 

 

 

生きることに対する合理的な理由

僕は差別されることが多い人生を歩んできました。

 

診断がつくまでは僕は人より劣っている人間だとか

 

人より優れた人間だという風に自己評価がころころ変わってしまいました

 

今は他人から理解されやすい人間でありたいと僕が思っているので

 

なるべく矛盾なく生きていたいなと思っています。

 

それは僕自身のためです。

 

一貫性があったほうが気分がいいですから。

 

それに僕の倫理規範は高度なので非常に追い込まれた人を助けるうえで役立ちます

 

母親も漠然と医者になれとか言っていたので

 

精神科医にとりあえずはなる以外の選択肢がないということですね。

 

本当は哲学者になりたいなと思っているんですが、そうも言ってられませんので。

 

ワイの社会性を返せ…!!!!

どうも。いろいろあってニート生活が楽しいめばるです。

 

一日16時間Twitterをやっていろんなことについて考えています。

 

フェミニズムについて考えたり、精神医学について考えたり、愛について考えたり

 

まあそんな感じです。いろんな高校生に勉強を教えたりしています。

 

哲学について教えているという感じですかね。

 

ニートという社会性を完全に失ったように見られる状態でも

 

本人の経済力や知的能力次第ではいくらでも面白いことがあるということですね

 

まあ尊敬されたり差別されたりして僕としてはかなりしんどい状況ですが

 

とりあえず部屋の外に出て、図書館に行って「21世紀の啓蒙」という本を

 

しっかりと読もうと思います。今一番僕がやりたくて、僕がやるべきことが

 

ティーブンピンカーとかいうめちゃ頭よさそうな人の考えを知ることですね

 

頭が本当にいいのか僕にはわかりません。

何が良くて何が悪いのかよくわからない話

最近、さっぱり善悪の区別がつかなくなってきました。

 

僕は人よりも感情の起伏が激しくなりやすい脳を持っています。

 

僕は小学校の時からルールが嫌いで先生から怒られることもたくさんありましたが

 

僕は自分が悪いと思ったことはほとんどありませんでした。

 

理不尽に怒られていると感じ、とにかく勉強して先生から教わることをなくせば

 

対等な立場に立って議論が始まるだろうと、とにかく大人になりたいと願って生きていました。

 

何を説明してもお前の言っていることは屁理屈だと言われ勉強すればするほど疎外感は強まっていきました。

 

小学校高学年ぐらいからは問題児らしい行動はなかったんですが

 

中学校も高校も宿題をやったことが基本的にありませんでした。

 

その結果国立医学部に受かりました。

 

入った大学でも成績は良いほうだったのですが、

 

彼女と別れて、親友と大喧嘩したあたりから急に眠れなくなり

 

臨床医学のことなんてどうでもいいなと感じるようになり

 

大学に登校しなくなりました。

 

仕方がないので家でゲームばかりしていました。一日24時間やったこともあります。

 

これ以上登校しなかったら退学ですと言われたので仕方なく精神科に行きました

 

なんとなくリチウムの副作用が嫌だったのでうつ病だと思いますと言いました

 

精神科医うつ病とは限らないけどまず抗うつ薬を飲みましょうと言ってました

 

意味がさっぱり分かりませんでした。

 

抗うつ薬を飲み始めてすぐ、彼女ができました

 

1か月で別れて自殺しかけました

 

後から分かったことですが僕は単純なうつ病ではないので気持ちを明るくする薬を飲むと

 

気持ちが大きくなりすぎるのです。自殺するリスクは当然高くなります。

 

それでも大学に行かなければ医者にはなれませんから抗うつ薬を欠かす事なく飲み続けました。

 

一生懸命勉強しても全く集中できず救急医学のテストで0点を取りました。

 

テストの問題の答えは分かるのですがなぜか答える気が全く起きなくなるのです

 

あれはすごく不思議でした。

 

そこで二回目の自殺企図をして医療保護入院に入ります。

 

医療保護入院というのは、本人の意志とは関係なく入院される形態を指すのですが

 

僕の場合は医学の知識が豊富だったので自分から入院を希望しました

 

それでも精神科医医療保護入院という形式を選びました。

 

とにかく僕は入院して自殺する自由を取り上げられたことが嬉しかったので

 

そんなことはどうでもよかったわけです。

 

一度目の入院の時はとにかく差別され続けたなという印象です

 

エビリファイの副作用で薬剤性パーキンソニズムになって

 

精神障碍者かつ身体障碍者になってしまったり

 

介護補助者に人として扱われなかったり

 

まあ恨みつらみを書いても仕方ないんですが

 

そのおかげでめっちゃ頭良くなった(本人談)なんで

 

何が良くて何が悪いのかわからんのです

 

まあ人より苦労することは良いことなんだろうなと僕は感じているんですが 

 

全く理解されることはないんでしょうね。

 

 

フェミニズムについて誰も説明してくれないのでよく考えてみる

僕はフェミニズムについて何も知りません。

定義について言えば男女同権主義、女権拡張主義との事なので 

誰にも教わらずに勝手に考えていこうと思います。僕は数学が得意なので大丈夫です。

 

ウィキペディアによると女権拡張主義が先に書いてあり、男女同権主義が後に書いてあります。

ですが、女権拡張主義をフェミニズムの根本においてしまいますと、基本的人権と激しく対立すると思いますので、根本的な思想は男女同権主義という風に設定すべきと考えます。

 

では、フェミニズムがこれまで女権拡張主義であり続けたのはなぜかと言いますと、

フェミニストの皆様から言わせますと女性の権利を尊重してこなかった

女性をないがしろにしてきた男性社会が悪いんだとおっしゃるのではないかと思います

 

しかし社会としては女性をないがしろにしてきたつもりはおそらくなくてですね

女性の自由を制限することにより、女性を保護しようという名目で行われてきたことです。

 

それが余計なお世話だ、女性の自由を守れということであればかなり多くの人にも納得できるのではないかと僕自身は考えております。つまり男性と同じように自殺する自由が保障されており、男性と同じようにフルタイムの労働が課される自由とかですね。

 

なので本来の原理から考えていけば男性を敵視する理由が一切ないと思うし、男性もフェミニズムを敵視する必要もないのですが、フェミニストがどういう論理を使って女性の自由を開放したいのかは人それぞれでしょうから。一人一人の思いを聞いていきたいなと個人的には思います。